2018 Russia world cup Spanish national team member 

ドイツ歓喜の24年ぶりの優勝とともに幕を閉じたブラジルワールドカップ。 


そして次の舞台はロシアワールドカップ。12年ぶりの欧州開催となるW杯で、列強が美しいフットボールを見せる舞台となるだろう。そのロシアワールドカップでの列強の代表チームの未来予想図を描いてみた。 
9回に渡ってお届けする。第三回目はスペイン代表。 
01

世代交代の時期に差し掛かったとも言われる。確かにシャビやカシージャスなどベテランの年代の選手もいるが、大半の選手は20代後半、やすやすとポジションは明け渡すまい。彼らからポジションを奪う選手は現れるか。ただしシャビとイニエスタが織りなした美しきパスサッカーを体現する後継者の出現は必須となる。第一候補はアトレチコ・マドリー所属のコケだ。勝利に飢えている新世代が躍動するか。 


(※年齢は2014年開幕時→2018年開幕時) 
◎確実 
○有力 
△当落線上 
▲微妙 
☆サプライズ若手選出 
※ベテラン枠・切り札としての選出が有力 

GKはデ・ヘアが君臨か。そのデ・ヘアを脅かす新たな才能は見当たらず。 


02

レイナ GK 31→35 14W杯 




03

デ・ヘア GK 23→27 14W杯 



04

ホエル・ロブレス GK 23→27 △ 




05

フェルナンド・パチェコ GK 22→26 ▲ 



CBはピケ健在もイニゴ・マルティネスとバルトラが台頭か。 


06

ハビ・マルティネス CB 25→29 14W杯 




07

ピケ CB 27→31 14W杯 





ラモス CB 28→32 14W杯 




09

イニゴ・マルティネス CB 23→27




10

バルトラ 23 CB




11

ナチョ・フェルナンデス CB 24→28 ○ 




12

パブロ・インスーア CB 20→24 ▲ 



右サイドはアスピリクエタ健在も、若手3人が猛追。 


13

アスピリクエタ RSB 24→28 14W杯 




14

カルバハル RSB 22→26 14W杯 




15

モントーヤ RSB 23→27




16

マンキージョ RSB 20→24



左サイドバックはジョルディ・アルバ君臨。モレノにもチャンスあり。 


17

ジョルディ・アルバ LSB 25→29 14W杯 




18

モレーノ LSB 21→25 ○ 




19

サルバ・ルイス LSB 19→23 △ 




20

グリマルド LSB 19→23 △ 




21

アウルテネチェ LSB 22→24 ▲ 



ボランチはブスケツが健在。ハビ・マルティネスもおり、若手が二人に挑む。 


22

ブスケッツ DMF 25→29 14W杯 




23

イトゥラスペ DMF 25→29




24

ロメウ DMF 22→26 △ 




25

カンパーニャ DMF 21→25 ▲ 




26

ペドロ・オビアン DMF 22→26 ▲ 




27

サンペル 19 DMF ▲ 

セントラルMFはブラジルワールドカップでもそのパスセンスを見せつけたコケ中心か。怪我がちだがチアゴも中心選手として期待される。才能溢れるオリベル・トーレス、デニス・スアレスなど引き続き人材は豊富なセクションだ。シャビの後継者となるのは誰だ? 




コケ CMF 22→26 14W杯 




29

チアゴ・アルカンタラ CMF 23→27 ○ 




30

オリベル・トーレス 19 CMF





31

デニス・スアレス 19 CMF ○ 




32

ルベン・バルド CMF 21→24 △ 



攻撃的MFはセスク、イニエスタらがベテランの域に。イスコ、サラビアらU21欧州選手権優勝のメンバーを軸にトラル、セルジ・ロベルトらが代表の中心として期待される。 


33

セスク MF 27→31 14W杯 




34

イニエスタ MF 30→34 14W杯 




35

イスコ 22 MF




36

セルジ・ロベルト OMF 22→24 ○ 




37

サラビア MF 22 △ 





38

ビチョ 22 MF ▲ 




39

トラル 18 MF ▲ 


FWの中心にはモラタが君臨するだろう。ユベントス移籍が決まったばかりだが順調に成長を遂げてスペイン代表の最前線になれば今以上に強力な攻撃陣に。デウロフェウ、ヘセ・ロドリゲスら今後の代表の中心として期待されている。UEFAユースリーグで得点を量産したエル・ハダウィはモロッコ代表との争奪戦となるがスペイン代表でも十分にレギュラーを狙えるポテンシャルを秘めている。 



40

デウロフェウ 20 FW




41

ヘセ・ロドリゲス FW 21→25 ○ 




42

ムニアイン FW 21→25 ○ 




43

テージョ FW 22→26 △ 




ベルナト FW 21→25 △ 





44

ジエゴ・コスタ CF 25→29 14W杯 




45

モラタ 21 CF ◎ 




46

エル・ハダウィ 18 CF