World Football Young star Catalogue サッカー世界のヤングスター名鑑 

世界200ヶ国の超逸材サッカー若手選手の名鑑 200 Countries Young Talents/Players in World Football Lists

カテゴリ: アメリカ

12timweahr

Timothy-Weah-PSG

【名前】 ディモシー・ウェア
【生年月日】 2000.2.22【所属チーム】 パリSG
【国籍】 アメリカ/リベリア
23488713_40s view_temporary_thumbnailxvvx
【ポジション】  CF
【ポテンシャル】 S
【代表歴・国際大会参加歴】U-17アメリカ代表
【コメント】 抜群の身体能力からUEFAユースリーグでゴールを量産中。ACミランなどで活躍したジョージ・ウエアを父に持つサラブレッド。ニューヨークで生まれ年代別代表はアメリカを選択。14歳でパリSGに加入。
【映像HP】
 

1000

CoKe4DAWYAE0BNy

1360088_630x354

【名前】 ニック・テイタグ
【生年月日】 1999.2.17
【所属チーム】 カルフォルニア・レイホーク
【国籍】 アメリカ
23488713_40s
【ポジション】 MF
【ポテンシャル】S
【代表歴・国際大会参加歴】U-18アメリカ代表
【コメント】 鮮やかなステップからの狙い澄ましたグラウンダーショットはまさしく“アメリカのネイマール”。18歳でシャルケ04に移籍する事が内定している。
【映像HP】2分40秒あたりからゴールシーン
 

469921022

635647370626014595-USATSI-8521224


【名前】 ジョーダン・モリス
【生年月日】 1994.10.26
【所属チーム】 スタンフォード大学
【国籍】 アメリカ
23488713_40s 
【ポジション】 FW
【ポテンシャル】 C
【コメント】 アメリカ代表2試合目となメキシコ代表戦で初ゴールを決めた20歳の超新星。アメリカサッカー協会が主導する開発アカデミーの卒業生で、現在はあのスタンフォード大学に通う現役大学生。大学スポーツが盛んなアメリカとはいえ大学生の代表入りは珍しく、2014年W杯後、1999年のクリス・オルブライト以来となる大学在学中での招集を受け、同11月のアイルランド戦でデビューを果たした。U-20、23代表歴を持ち、大学生の参加が可能な下部リーグでのプレー経験はある。しかしプロとしての出場はなく、アメリカ代表で先にデビューと初得点を決めた稀有な選手となった。
【映像HP】




christian-pulisic-united-states-u-17_do2nlhnqhp41vdmhzbdtxv49

pulisicbvb02112015_p0km1zi9c4re1fr39smr0f4sp

images


【名前】 クリスティアン・プリシッチ
【生年月日】 1998.9.18
【所属チーム】 ドルトムント
【国籍】 アメリカ
23488713_40s
【ポジション】 MF
【ポテンシャル】 S
【コメント】 U-17アメリカ代表の10番。ドルトムントではトップチームでの練習に参加。デビューは早くても18歳になる来季以降だがクロップ監督も期待を隠せないNEXT香川。
【映像HP】

 

Erik Palmer-Brown DL

Bfqi8qRCIAAHfrN

【名前】 エリック・パルマー・ブラウン
【生年月日】 1997.4.24
【所属チーム】 スポルティング・カンサスシティ
【国籍】 アメリカ
23488713_40s 
【ポジション】 CB
【ポテンシャル】 AA
【コメント】 屈強で速くて巧い、この年代では最高クラスのCB。相手の懐深く飛びこんでいくクリーンなタックル、鋭い読みでのインターセプト、正確なフィードが武器。17歳になった直後にMLSデビュー。U20アメリカ代表でもプレーしている。ユベントスが既にオファー済。
【映像HP】

 

↑このページのトップヘ